シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定額制デザインサービス国内4社まとめ+α 【月3万円~頼み放題って本当?】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン系のサービスをウォッチしていると、最近月額料金制(サブスクリプション)の定額制デザインサービスがじわっと広がっているようです。今回はその中から、広告をしていたり、力を入れたサービス紹介ページを作っていて目に入った、以下の4サービスを紹介します。

  • 月6万円で20時間分の仕事を依頼できる「制作秘書」
  • 大阪発のデザイン定額サービス「デザホ」
  • 長崎発の業界最安デザイン定額サービス「DEZARI」
  • WEBデザインに特化したデザイン定額サービス「デザレン」

通常は案件ごとに見積もりが必要なデザインサービスを「定額料金」で提供するために、各社いくつかの制約を設けておりますが、代表的なところでいうと

  1. 同時に依頼できるデザイン案件数(通常1つが多い)
  2. デザイン制作に関する納期が長めになっている(1.と組み合わせることで制作数の上限がきまります)
  3. クライアント側の担当者の数を制限する(発注の責任者を置くケースが多いです)
  4. 長期契約や年額払いがある程度前提となっている

といった特徴で定額制にしていることが多いようです。これらの視点で、各社のサービスを紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

月額6万円の「制作秘書」

 

f:id:design-47:20160708101023j:plain

月額6万円からの定額サービスを提供している「制作秘書」は、もともと「パソコン業務」というくくりでの各種依頼を頼むことが基本のサービス(なので、WEBの更新などもOK)だったのですが、デザイン案件に急速に強くなっているように見えます。

納品スピードは、依頼内容にもよるがおおむね2日程度でまず対応するようです。こちらのサービスは、月の作業時間目安を20時間程度としており、納品を長めにとることで定額制を実現しているというよりは、作業時間管理をすることで定額制を実現しているようです。

また、デザインの発注者、制作秘書側の担当者をそれぞれ1アカウントにつき1人の専任を置くことを基本としており、それによりコミュニケーションコストを削減していくという方針のようです。「制作秘書」は、運営会社のシクロマーケティングという名前からも分かるように、もともとデザイン会社というわけではなく、ニーズドリブンではじめたサービスのようです。

作業範囲は、以下の通り「HTMLコーダーやWEBデザイナーが対応できる範囲」とのことですが、問い合わせてみたところ、チラシなどの紙モノも十分対応範囲だとのことです。

f:id:design-47:20160708101543j:plain

cyclo.jp

 大阪発のデザイン定額サービス「デザホ」

 

f:id:design-47:20160708101751j:plain

大阪のデザイン制作会社がはじめたデザイン定額サービスです。同社曰く日本で最初に定額制を標榜したデザインサービスらしいです。月額66,500円+税(798,000円/年額)とのことですが、それは年払いの場合の金額で、月払いをするには70,000円+2ヶ月分の前払いとのことで、1年間で98万円かかるようです。

まさに「デザイン会社」がはじめたサービスという感じなので、デザインを丸ごと頼むには安心感がありそうです。f:id:design-47:20160706093039j:plain

納期はやはり少し長めですね。1契約に対しての同時進行数が1つまでとなっているので、例えばA4両面のチラシをつくるとなると月3枚が上限となりそうです(修正もふまえると実質的には2枚が限度か)。それでも、1枚当たり3~4万円で頼めると考えるとなかなかリーズナブルです。

dezaho.com

長崎発の3万円~のデザイン定額サービス「DEZARI」

 

f:id:design-47:20160708100424j:plain

最安のプランが月3万円となっている、業界最安値のように思われるデザイン定額サービス「DEZARI」。長崎のデザイナーさんが始めたサービスのようで、順調に顧客を伸ばしてそうです。

サービス立ち上げ期には、クラウドファンディングのreadyforなども活用していたようで(どうやら応募は集まらなかったようですが)、個人のクリエイター発のサービスとしては珍しく積極的にマーケティングしようとしている感じがします。

readyfor.jp

契約期間は原則1年~となっています。プランを見る限り、ホームページ制作なども「まるっと」お願いできることになっており、それでも2~3ヶ月(=約6万~10万)でOKなことを考えると、予算がない自営業者や立ち上げたばかりの会社にとっては使い勝手が良いプランのように思えます。

納期は他サービスと比較しても長めにとられていますが、それでもこの金額で回るのだろうか、とこちらが不安になってしまうくらい安いですね。

f:id:design-47:20160708100449p:plain

 

デザり放題オールインワンパッケージ | 定額デザインサービスついに到来!月額のためいくつ作っても同じ金額

 

WEBデザインに特化した「デザレン」

f:id:design-47:20160706093959j:plain

月6万円のデザイン定額サービス「デザレン」。紙モノを含めたデザイン制作全般というよりは、WEBに特化しているみたいで、「社内のWEB担当者がわりに」という訴求をしています。

 

f:id:design-47:20160708103611p:plain

やはり、同時依頼数は1件までとなっており、前掲のデザイン納期表と併せて考えるとバナー制作なら、だいたい月7案件程度、商品ページ制作なら3~4ページ/月程度となっており、そこそこの売り上げの小規模ECショップオーナーなどにぴったりのプランではないかと思います。

また年払いすると月5,000円安くなり、年660,000円~とのことで、年払い前提の価格を書いている他社より安いことになります。

www.dezaren.com

30分未満でできるちょっとしたデザインワークを頼める海外サービス

Undullify: 月129ドルからの、デザイン定額サービス

www.undullify.com

f:id:design-47:20160704173358j:plain

どんなデザインでも頼めるというわけではなくて、30分未満でできるちょっとしたデザインワークを頼むことができる定額制のサービスとなっています。最低価格は129ドル/月~となっていますが、納期・依頼できるデザインの対象となるブランド(製品・サービス)の数・同時依頼可能数によって値段が変わるようになっています。

129ドルのプランだと、納期が3営業日で同時依頼可能数が1つまで、となっているので、月の営業日が22日だとすると、月間で約7つの依頼が可能です。なので、1ドル=105円前後とした場合、一つの依頼当たりだいたい2000円弱といったところでしょうか。一つ上のプランの「Monthly Entreprenuer Unlimited」だと179ドルで納期が1営業日なので、毎日何かしら依頼するとすると月に20回くらい依頼できると思います。すると、一つの依頼当たりだいたい1000円弱となりリーズナブルに頼むことができるようになります。

デザイナーが日本人ではないので、英語圏を対象としたECサイトやメディアなどを運用しているひとには、心強い味方になりそうです。

今後たくさんでてくるかも?定額制の動画制作サービス

今回調べていて、動画の定額サービスも見つけることができたので紹介します。

 

料金は、年間226.8万円~とのことで、毎月1本映像制作するとのことです。多様な制作需要が発生する「デザイン」と違って、映像制作については1年間の長期スケジュールを前提とした年間顧問契約に近い気もします。

 

f:id:design-47:20160708104318j:plain

www.moviesupport.jp

 1人のデザイナーで回せることが多いデザイン/WEB案件と違って複数人のチームが前提となる動画制作でも、こういった定額制のサービスが今後続々と出てくるのかもしれないですね。 

各サービスへのリンクはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする